夏バテ対策!日本の伝統食「納豆」が注目されています

免疫力アップのカギは腸内環境が握っています。腸内環境を整えるというと、真っ先に思い浮かぶのが「善玉菌」ですね。 乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、免疫力を高めて感染症にかかりにくい作用があります。また、食べたものの消化吸収を助ける、腸管運動を促進するなどなど。 日本では昔から食べていた栄養価の高い食品が「納豆」です。納豆菌は、たくさんの健康成分を含み、まさに日本のスーパーフード! 最近…

続きを読む

ピーナッツの薄皮に凄い健康効果

ピーナッツは栄養価の高い成分を数多く含まれ、現代人の健康問題を解決する機能性食品。 ピーナッツ(落花生)の成分は脂肪、タンパク質、糖質、食物繊維などです。 そのうち約50%が脂肪であるため、ピーナッツは太るというイメージを作っているようですが、カロリー的には1日30粒程度なら適量と言われています。 この脂肪は、オリーブ油に含まれていることで知られているオレイン酸で、悪玉コレステロー…

続きを読む

無臭ニンニクが健康に役立つ極意とは

ニンニクが健康に役立つことは、昔から言い伝えられてきました。それを証拠に、現在ニンニクから約20種類もの栄養成分が発見されています。 醗酵学・細胞学の世界的権威でもある小牧久時農学博士は、ニンニクの持つこの特徴的な栄養のしくみにいち早く着目しました。20数年の歳月をかけて、完全無臭ニンニク栄養成分「サチヴァミン複合体」(学術名)を発見しました。健康の役に立つというのは、サチヴァミン複合体の働き…

続きを読む

インフルエンザを防ぐ小松菜パワー

冬が旬の「小松菜」を食べて、風邪やインフルエンザに負けない体を作りましょう。ほうれん草に似た小松菜ですが、カルシウムは約3倍もあるようです。 カルシウムが豊富で、骨の結成に必要なビタミンKも含まれています。そのため、骨を丈夫に保つので骨粗鬆症の予防にも期待が持てます。 また、豊富に含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変換されます。体の粘膜を保護しウイルスの侵入を防ぐ働きがあることで知られて…

続きを読む

秋の味覚!栗を食べて免疫力アップ

秋の味覚の代表として親しまれている栗は、縄文時代から食用とされてきました。まず、栗で注目されるのはビタミンCの多さです。ビタミンCの含有量は22%と木の実のなかではトップクラス。 栗の渋皮にはポリフェノールの一種でタンニンが含まれています。ポリフェノールを効率良く摂取するためには、「栗の渋皮煮」がオススメです。最近は渋皮付きの甘栗も売られているようです。 ビタミンCの効能ビタミンCは、野菜や…

続きを読む

スポンサーリンク