無臭ニンニクが健康に役立つ極意とは

ニンニクが健康に役立つことは、昔から言い伝えられてきました。それを証拠に、現在ニンニクから約20種類もの栄養成分が発見されています。 醗酵学・細胞学の世界的権威でもある小牧久時農学博士は、ニンニクの持つこの特徴的な栄養のしくみにいち早く着目しました。20数年の歳月をかけて、完全無臭ニンニク栄養成分「サチヴァミン複合体」(学術名)を発見しました。健康の役に立つというのは、サチヴァミン複合体の働き…

続きを読む

インフルエンザを防ぐ小松菜パワー

冬が旬の「小松菜」を食べて、風邪やインフルエンザに負けない体を作りましょう。ほうれん草に似た小松菜ですが、カルシウムは約3倍もあるようです。 カルシウムが豊富で、骨の結成に必要なビタミンKも含まれています。そのため、骨を丈夫に保つので骨粗鬆症の予防にも期待が持てます。 また、豊富に含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変換されます。体の粘膜を保護しウイルスの侵入を防ぐ働きがあることで知られて…

続きを読む

中国野菜のチンゲン菜で免疫機能アップ

日本でチンゲン菜(青梗菜)は、中国野菜の中で一番なじみのある野菜の一つですね。チンゲン菜には、様々な栄養素が含まれています。例えば『β-カロテン』は、体内で必要な分をビタミンAに変換します。ビタミンAは体の粘膜や皮膚、免疫機能を正常に保つために必要です。 このため、ウイルスが侵入しても、入り口の粘膜で撃退できる可能性が高くなります。結果として免疫力アップにつながります。また、ビタミンCには、白…

続きを読む

奇跡のハーブ「パクチー」の栄養価が凄い!

独特でクセのある香りが特徴的な「パクチー」が今、日本でも注目を集めています。パクチーというのはタイ語で、中国語では香菜(シャンツァイ)、英語ではコリアンダーと呼ばれています。エスニック料理には欠かせない香草で、トムヤムクンやラクサには必ず入っています。テレビ番組「満天☆青空レストラン」でも特集されましたね。 スポンサーリンク 免疫力を増強し細菌やウイルスへの抵抗力をつけるパクチーの主な栄養素…

続きを読む

ネギで風邪やインフルエンザの予防

インフルエンザが流行する時期は、免疫力をつけるよう意識して生活しています。昔から風邪に効くと言われる栄養効果が期待できる“ネギ”が有名です。このネギが、風邪だけでなく、肺炎やインフルエンザ予防にも効果があるよう。NHK ガッテン! では「驚異のネギパワー」と題した内容で放送されます。特に、冬になると猛威をふるうインフルエンザ予防の効果も期待でき必見です。 ネギで風邪やインフルエンザ予防ネギの青…

続きを読む

LPS豊富なレンコンで免疫力アップ

私たちの体には、あらゆる病から体を守る“自然免疫力”という機能を持っています。 その自然免疫力を強化させるLPS(リポポリサッカライド)が今話題です。LPSは「免疫ビタミン」と呼ばれ、免疫力を高めるのに役立つといわれます。 TV番組「世界一受けたい授業」では、LPS研究の第一人者の杣源一郎先生が授業されます。 LPSが多く含む食べ物玄米など穀物に多く含まれていますが、皮の部分に多いため精製…

続きを読む

がん予防!ブロッコリースプラウト

がん予防効果の高い野菜として“ブロッコリースプラウト”が今話題になっています。気になったので近所のスーパーに買いに行きました。見た目はカイワレ大根に似ている気がするけど、その人気の正体を調べました。TBS系「ジョブチューン」で、名医が教えるガン予防法として放送されていました。 ▼この写真は、今日スーパーで買ってきた「ブロッコリースプラウト」です。50g入りで、1回で食べるのには多いので、ラップ…

続きを読む

今が旬!かぼちゃ免疫力アップの王様

「冬至にかぼちゃを食べると、その一年は風邪をひかない」と昔から言われています。この時期、かぼちゃ(南瓜)を食べると良いといわれるのは、医学的な根拠があったのです。 かぼちゃの免疫力アップ効果かぼちゃは非常に栄養価が高く、特にβ-カロテンが豊富に含まれています。また、ビタミンB1、B2、C、E、カルシウムをバランスよく含んだ栄養面ですぐれた野菜。かぼちゃの鮮やかなオレンジ色は、β-カロテン(…

続きを読む

真っ赤なパプリカを食べて健康

先日、NHKためしてガッテンで「パプリカ魅惑の新世界」が放送されていました。この番組の影響か、近所のスーパーには「パプリカパウダー」が売り切れ状態でした。 実はすごいパプリカ!ビタミンCはなんとレモンの24倍と豊富なのです。 パプリカには、カロテノイド(β-カロテン)やポリフェノール(フラボノイド)と呼ばれる色素成分も含まれています。この働きによりビタミンCは、もともと熱に弱いのですが、熱に…

続きを読む

かぼちゃのわたジュースが免疫力を高める

ハロウィーンのシンボルとして有名な「カボチャのお化け」のお話を知っていますか? かぼちゃの原産地はメキシコの洞窟です。 紀元前7000~5500年の地層から種が発見されています。 日本に伝えられたのは17世紀で、カンボジアからきたので「かぼちゃ」と名付けられたようです。 ビタミンA(β-カロテン)とビタミンC、E、カルシウム、鉄分などを豊富に含んでいます。 これらが粘膜細胞を強…

続きを読む

栄養豊富な完熟トマトで生活習慣病を予防

木で熟したトマトを食べると、トマトの美味しさを改めて気付きます。 青臭さも残りませんし、ジューシーな味わいがあります。 完熟トマトとは、木になったまま熟した赤いトマトを収穫するのです。 普段食べているトマトは、産地から長距離輸送で店先に並べられます。 そのため、トマトが赤く色づき始めた熟していない段階で収穫して荷造りをすることになります。 トマトが赤くなると医者が青くな…

続きを読む

キャベツの免疫力を高める働きは医薬品並み

キャベツの第一の効用は、免疫力を高めると言われています。 名古屋大学農学部の大沢俊彦教授によると、キャベツの効き目の秘密は独特の甘い「香り」から来ているという。 キャベツの香りのもとは『イソチオシアネート』という成分です。 イソチオシアネートという特有の辛味成分が免疫力アップ、がん予防や抗酸化作用があるとして今注目されています。 キャベツに含まれているビタミンAとセレンは、皮…

続きを読む

ごぼうは食物繊維が多い非常に優れた野菜

ごぼうには神秘の力があり、食物繊維が多いことは有名ですが、それ以外にも『イヌリン』という多糖類が含まれています。 このイヌリンは腎機能を高め利尿作用や、肝機能を活発にし、免疫力を高める働きがあります。 ごぼうは独特な香りと歯ざわりが特徴のある価値です。 しかし根菜として食べているのは日本と韓国の一部だけで、中国では薬草に用いることが多いようです。  ごぼうは成分のほとんどが食物繊…

続きを読む

にんじんはカロテン豊富な緑黄色野菜です

にんじんは緑黄色野菜の王様と呼ばれ、あらゆる年代の悩みに応えてくれる栄養が豊富な野菜です。 カロテンが豊富に含まれるにんじんには、抗酸化作用を発揮して活性酸素による害を防いで、抵抗力や免疫力を高める効果があるといわれています。 カロテンは体内で必要な量だけビタミンAに変わって、皮膚や粘膜を強くし、目や肌の健康維持、心臓病、動脈硬化の予防や生活習慣病などに効果があります。 にんじ…

続きを読む

ニンニクに含まれる成分が滋養強壮に最適

昔からニンニクは健康に良いと言われ、滋養強壮、疲労回復、悪玉コレステロールの減少、血圧低下、動脈硬化予防など、さまざまな健康効果があります。 ニンニクは食べる薬と言われる最強の健康食材です。 さらに最新の研究結果では、ニンニクに含まれる成分には、ガン細胞を死滅させる効果があることが判明しました。 ニンニクと人間の関わりは大変古く、4500年以上前にエジプトのピラミッド建設にかかわる…

続きを読む

トマトが赤くなると医者が青くなるとは

トマトが肥満の防止に効果があることを発見?全国でトマトが売り切れるほどの大人気です。 昔からのことわざに「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるように、トマトは健康野菜として知られています。 トマトは世界で最も生産されている野菜であり、生食だけでなく、ジュースやソースなど幅広く利用・消費されている食品素材です。 トマトの”赤色”はリコピンという色素によるもので、活性酸素を除去し、…

続きを読む

スポンサーリンク