スポンサーリンク

がん予防!ブロッコリースプラウト


がん予防効果の高い野菜として“ブロッコリースプラウト”が今話題になっています。
気になったので近所のスーパーに買いに行きました。
見た目はカイワレ大根に似ている気がするけど、その人気の正体を調べました。
TBS系「ジョブチューン」で、名医が教えるガン予防法として放送されていました。

▼この写真は、今日スーパーで買ってきた「ブロッコリースプラウト」です。
50g入りで、1回で食べるのには多いので、ラップに小分けしました。
オリーブオイルをかけて美味しく頂きました。

ブロッコリースプラウト.JPG

ブロッコリースプラウトの健康効果

ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽で、成長するとブロッコリーになります。
植物の栄養素は種の中に多く含まれています。
なので、新芽を食べるのが最も効率よく栄養素を吸収できる方法と言えます。

ブロッコリースプラウトには、「スルフォラファン」という抗酸化物質が含まれています。
ブロッコリーの20倍以上も含まれていて、しかもその抗酸化作用は3日間も持続するのです。
そのため、2〜3日おきに食べればOKです。

1回につき半パック程度(約20g)ですが、もちろん、それ以上食べても問題はありません。
スルフォラファンをもっとも効率よく摂取するには、生のままよく噛んでいただくのがベスト。
安価ながらも、その効果は癌(がん)予防や免疫力アップに力を発揮するといわれています。
他にも最近話題の「クレソン」も、がん予防に有効との報告があるようです。

関連情報

posted by 食いしん坊 at | ブロッコリースプラウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク