スポンサーリンク

夏バテ防止!なんと鶏胸肉イミダペプチド


夏疲れ.jpg湿度が高く蒸し暑い日本の夏では、そろそろ夏の疲れが出てくる時期です。 
夏バテは、実は夏の終わりごろから症状がひどくなりがちです。

そこで、夏バテ予防のため、今からでも遅くない夏バテ防止をお伝えします。
夏疲れの不調には、疲労感や倦怠感、めまい、無気力感、集中力低下、胃腸障害などさまざま。 


先日、NHK「団塊スタイル」で「食に注目!夏バテ防止」が放送され、観られた方もおられると思います。
番組では夏バテ予防の食生活とは何かというを解説していました。

研究によると、イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)を含む「鶏胸肉(鶏むね肉)」が、疲労回復に効果が高いことが判明したようです。


なぜ、渡り鳥は休まずに何千キロも飛び続けられるのだろう?

実は、渡り鳥がずっと飛び続けていられるのは、彼らの体の中に含まれる「イミダペプチド」成分が影響していたんです。
イミダペプチドは、動物の最も消耗の激しい部分にある成分なのです。

この、イミダペプチドは、鶏肉やマグロなどから摂取することが出来ます。
しかし、毎日、一日の摂取量を摂るのは、とても大変です。
そこで、手軽な方法はイミダペプチドを含んだ飲料やサプリメントが市販されています。
夏バテ、夏疲れを放っておくと免疫力が低下するため、あらゆる病気の原因になります。
免疫力を高めるために、「イミダペプチド」お試しください!

▼関連する記事のページへこんな情報もあります▼

posted by 食いしん坊 at | 鶏胸肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク