スポンサーリンク

ココナッツオイルは強い抗酸化作用あり


ココナッツの木.jpg日本ではまだそれほど馴染みがありませんが、世界では古くからココナッツオイルが多くの目的で使用されてきました。

現在、ココナッツオイルの持つ健康に良い成分や、美容に良い成分について再び見直されています。

ココナッツオイルは強い抗酸化作用を持っているので、免疫力を高める効果があると言われています。

ココナッツオイルの成分はその名の通りココヤシの木ですから、主に熱帯地方に繁殖する性質上、強い紫外線にさらされても耐えられるようになっています。 

そのため、ココナッツオイルは他の油と比較しても非常に酸化しにくく、長持ちするという特徴を持っているのです。 

ココナッツの実.jpg

ココヤシの成熟した果実の胚乳を乾燥させたものが「ココナッツパウダー」です。

また、果肉をしぼったものが「ココナッツミルク」です。

ココナツ果汁の栄養成分の特徴は、カリウム、マグネシウム、鉄分、葉酸などミネラルが豊富なことです。

カリウムには、体内の余分な塩分を排出して、高血圧や、むくみを予防する働きがあります。

鉄分や葉酸は貧血の予防に効果的であることはよく知られています。

マグネシウムは、神経のいらだちを抑えたり、筋肉痛をやわらげる効果もあります。

また、ココナッツは食物繊維も大変豊富で、体の老廃物を便と一緒に排出するの働きがありますので、動脈硬化や生活習慣病の予防にも大変効果的です。
posted by 食いしん坊 at | ココナッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク