スポンサーリンク

子宮体がん予防にはコーヒーがおすすめ


女性でコーヒーをよく飲む人は、子宮体がん、大腸がんの発生リスクが低いという結果が出ています。

多くの人に愛されてきたコーヒーが、改めて注目を集めています。

国立がん研究センターでは、1990年以降男女約10万人にコーヒーを飲む頻度をグループ分けし、10年間にわたって大規模な追跡調査を行い、ガンの発生率を比較しました。
コーヒー.jpg
コーヒーをよく飲む人ほど子宮体がんの発生リスク(危険)は低下し、ほとんど飲まない人に比べ、「1日1〜2杯飲む」人では約4割、「1日に3杯以上飲む」人では約6割、子宮体がんの発生リスクが低いことが示されました。

コーヒーをよく飲む人は、なぜ子宮体がん予防に有効か、まだはっきりとはわかっていません。

婦人科のガンで最も多いのは子宮がんです

子宮がんは「子宮頸がん」と「子宮体がん」に分かれています。

子宮体がん(子宮内膜がん)は、胎児を育てる子宮の内側にある子宮内膜から発生する病気です。
女性ホルモンの一種であるエストロゲンによって増殖するタイプと、糖代謝にかかわる成分であるインスリンが大きく関与していると考えられています。

コーヒーはエストロゲンとインスリンの分泌に影響を与えて、子宮体がんのリスクを低下させるのではないかという説が有力です。
コーヒーを飲むと、腸管からの糖の吸収が抑えられ、インスリンの過剰分泌を抑えると考えられています。

また、コーヒーをよく飲んでいる人は糖尿病の発生リスクが低いことが別の研究結果で示されており、コーヒーがインスリン分泌に影響を与えていることは一致しています。

その他、子宮体がんのリスク要因として、高血圧、乳がん・大腸がんの家族歴との関連が指摘されています。

コーヒーがこれらのガン予防に、なぜ効果があるのかは、まだはっきりとはわかっていません。

コーヒーの成分には、抗酸化作用を持つカフェインやクロロゲン酸、発がん物質に対抗する作用を持つヘテロサイクリックアミンなどの成分を含んでおり、こういったコーヒー独自の成分の効果であろうと考えられています。

ただし、コーヒーの飲みすぎは胃を荒らすなどの調査結果が示されています。

また、子供や妊婦さんは控えたほうが良いとも言われています。

このようにコーヒーには、リスク(危険)とベネフィット(利益)の両面がありますので、過不足なく美味しく飲むことが健康効果のポイントだと思います。

 
posted by 食いしん坊 at | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玄米コーヒーで腸内環境を良くしましょう


玄米コーヒー.jpg玄米コーヒーは玄米を黒煎りすると出来上がり、免疫力アップや自然治癒力を高めてくれます。

昔から今でも、穀物や動植物を黒焼きすることで、元の物質とは全く異なった有用性のある物質が出来上がることは知られていました。(玄米コーヒー効能)

漢方や民間療法では、この黒焼きの性質を利用して、いろいろと使用されて来ました。

玄米は栄養バランスが良く、栄養価の高い食品です。

玄米の素.jpg玄米には、なんと白米の約6倍もの食物繊維が含まれています。
食物繊維は便秘解消に効果的なことは知られていますが、体内の余分なコレステロールや糖分を排出する働きもあります。

その玄米を黒焼きにすることで玄米は強い陽性となり、腸管に付着している有害物質を吸着して排泄してくれると言われています。
この効果で腸内環境が良くなり、善玉菌が増え、血液がきれいになり血液循環がよくなります。

その結果、アトピーや花粉症が改善されたり、肝機能や腎機能が高まる、免疫力アップ、自律神経の安定などが期待できます。
腸内に長くとどまっている便(宿便)が排出され、便通も良くなり、大きなダイエット効果も期待できるという訳です。

多くの病気や体調不良の原因が、腸内環境(腸内フローラ)の悪さが根本原因となっています。
腸内環境が悪いと、腸管での造血作用がされにくくなるだけでなく、有害物質や未消化の栄養素を血液中に吸収して汚してしまいます。

腸管での免疫作用は、免疫系の全体の約80%を占めると言われていて、腸内環境が良くなると免疫力が高まることができます。

玄米の周りについているヌカにはLPSが大量に含まれています。
LPS(リポポリサッカライド)は免疫ビタミンと呼ばれています。
体の「自然免疫力」を強化し、病気やウイルスに負けない体作りに役立つといわれます。
 
◆玄米コーヒーの作り方

1.玄米を大さじ3〜4杯フライパンに入れて、弱火で40分位、空煎りする。
2.こうばしい香りがしてコーヒー豆のような色になったら火からおろす。
3.炒った玄米を少し冷まし、すり鉢で粉状になるまですります。
4.カップに小さじ1杯程度入れ200mlのお湯を注いでよく混ぜて飲みます。


<ポイント>
自然療法の大家 東城百合子先生(栄養士)によると、すらないで粒のまま煎じるほうが病人にはよいとのこと。
すった玄米コーヒーは酸化しやすく、その日のうちに飲むことになるので、粒を煎じるか、毎日飲む分だけすりつぶした方が良いですよ。
(粒は密閉容器に入れて、一週間ぐらい保存が可能です)

posted by 食いしん坊 at | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク