スポンサーリンク

バナナは食べ方で栄養効果が変わる


果物の中でも安くて手に入れやすく、その上栄養たっぷりで美味しいと言えばバナナですね!バナナ.jpg
バナナは美容効果や健康増進を目指す方にも非常にオススメです。
栄養価が高く、風邪の時に好んで食べる人が多いようです。

バナナはエネルギーに代わるのが早いので、マラソンランナーも走る前に食べる人が多いです。
また、朝バナナダイエットと言うダイエット法もテレビで取り上げられて話題になっています。

バナナの栄養は食べ方によって効果が変わるってことを知り、食べ方3つをご紹介します。

完熟バナナ

シュガースポットと呼ばれる茶色い斑点が皮上に出ているバナナです。
熟したバナナの方が免疫力を高めるという研究結果も出ています。
また、完熟バナナにはリン脂質という成分が含まれています。
胃の粘膜を酸からの攻撃から守る働きがあるため、胃潰瘍を予防する効果も期待できます。
ストレスや胃に負担のかかりやすい食生活をしている方には意識して食べるとよいでしょう。

焼きバナナ

焼くことでオリゴ糖の分子が細かくなり、多くの善玉菌のエサになります。
普通に食べるより善玉菌を増やすことができ、蠕動運動がさらに活発になります。
腸内環境(腸内フローラ)がよくなることで、手軽に便秘解消効果を高めてくれます。
日本では昔から果物を焼いて食べる民間療法があって、ミカンも皮のまま焼いて食べてました。

焼きバナナの簡単な作り方
・皮を剥いたバナナを真ん中で切って2本にしたものをアルミホイルで包みます。
・アルミホイルが袋状になるよう両サイドと上の部分をしっかり折ります。
・中火でフライパンで焼き、香ばしい匂いがしてきたら裏面も焼けば焼きバナナの完成です。

ドライバナナ

ドライフルーツの利点は、乾燥させることで栄養素がぎゅっと濃縮されるという点ですね。
βカロテンの値が生のバナナに比べてなんと31倍にも上昇することが研究で分かっています。
体内でビタミンAとなって、お肌の再生に役立ち、美肌効果が期待できます。
ドライバナナの食べ過ぎに注意!
栄養豊富なドライバナナですが、プルーンに匹敵する量の食物繊維が含まれています。
そのため食べ過ぎると下痢になることがありますので十分ご注意ください。

バナナ関連情報

癒しのホルモンとも呼ばれるセロトニンは、心を安定させる働きがあるのです。
セロトニンによって脳が活性化してスッキリの状態が持続するため、前向きな気分になれて気持ちも落ち着いて過ごせます。

posted by 食いしん坊 at | バナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼きバナナで善玉菌を増やし免疫力アップ


バナナには食物繊維やオリゴ糖が含まれ、バナナを焼く事で非常に効率よく摂る事が出来ます。焼きバナナ
オリゴ糖は腸の働きを活発にし、腸内細菌のビフィズス菌、乳酸菌などの善玉菌を増やして腸内環境がよくなるのです。

焼きバナナは焼くことでオリゴ糖の分子が細かくなり、多くの善玉菌のエサになって、普通に食べるより善玉菌を増やすことができ、蠕動運動がさらに活発になります。
腸内環境(腸内フローラ)がよくなることで栄養吸収がよくなり、便秘が解消できて美肌効果も高まるのです。

日本では昔から果物を焼いて食べる民間療法があって、リンゴやミカンも皮のまま焼いて食べていました。

バナナは身近な食品の中で最も抗酸化作用が高い食品です。

抗酸化作用のある食品を効果の高い順に並べた「抗酸化ピラミッド」という図(東北大学の研究)では、バナナは最も抗酸化力のある食品です。

抗酸化作用とは
抗酸化作用の酸化とは物が錆びたり、くさったりすることを言い、人間の身体も酸化します。
人間が呼吸をすると、体内に「活性酸素」ができます。
活性酸素は体内に侵入してきた細菌などを排除する作用も持っていますが、過剰に活性酸素が発生した場合が問題となります。

体内の細胞にアタックし、風邪など感染症を悪化させる要因になったり、ガン、動脈硬化、心臓病、高血圧、脳卒中などあらゆる病気を引き起こす原因といわれています。
活性酸素は、添加物が含まれた食品、大気汚染、紫外線、外的ストレスやタバコなどでも増えてしまいます。
ですから現代の私たちの生活環境は過剰に活性酸素が発生しやすい状況と言えます。
免疫力を高めるには抗酸化物質を積極的に摂り体内の活性酸素を少なくすることが大切です。


焼きバナナの簡単な作り方
・皮を剥いたバナナを真ん中で切って2本にしたものをアルミホイルで包みます。
・アルミホイルが袋状になるよう両サイドと上の部分をしっかり折ります。
・中火でフライパンで焼き、香ばしい匂いがしてきたら裏面も焼けば焼きバナナの完成です。


焼きバナナは焼きたてが一番美味しいので熱々のうちに食べてしまいましょう。
健康維持には焼きバナナは1日1本でOKです。
バナナの糖分は低く、他の食物の糖質に比べ、血糖値が上りにくいので、糖尿病の人のおやつにも良いです。



▼人気のある記事をご紹介▼

乳酸菌ではない、乳酸菌発酵エキス。驚きのスッキリ実感力!

善玉元気

2014年10月4日開催の日本薬学会でもこのエキスを服用すると肌の保湿力が向上した結果が発表されています。

R-1乳酸菌を含むヨーグルトで風邪予防
R-1乳酸菌を含むヨーグルトを食べると、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化して、免疫力をアップさせることが話題になっています。
R-1乳酸菌は、ヨーグルトを作るために使用されるブルガリア菌のひとつで、多糖体を多く産生することやNK細胞の活性を高めることが特徴です。

posted by 食いしん坊 at | バナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バナナの意外な底力は免疫力アップ


バナナの木.jpgバナナの驚くべき効能を知って健康づくりに役立てましょう。

バナナには、スタミナの維持や免疫力アップなどのうれしい効果が期待できます。

昔は高級だったバナナは、特別な日にしか食べることができなかったのですが、今では値段も手ごろで、すっかり庶民の味となりました。


バナナは、私たちが活動するためのエネルギー源として大変優れています。

バナナの中の糖質は、ブドウ糖・果糖・ショ糖・でんぷんなど種類が多く、 エネルギーが長時間持続します。

いつも朝食を抜きがちな人は、バナナを食べてエネルギーを補給すれば、脳が活性化されて仕事や勉強に集中することができますね。


■免疫力強化
意外と知られていないのが、バナナの免疫力を高める作用です。
風邪などのウイルスを撃退する白血球の数や免疫力を高める効果をバナナは持っています。
1日1本バナナを食べれば、白血球が増え、やがて免疫力アップが期待できます。
病気予防にはもちろん、病み上がりの時など、ウイルスに対する抵抗力が落ちている時には、バナナを食べて外敵に対する免疫力を高めましょう。

また、熟しているバナナの方が免疫力を高めるという研究結果も出ているので、夏風邪や不調を防ぐためにも熟したバナナを食べましょう。


■スタミナ源
バナナに含まれる様々な糖分が、それぞれ違った速さで体に吸収されるので、即効性と持続性を兼ね備え、効率の良いスタミナ源なのです。
あのマラソン選手もバナナを食べながら走っていますよね。
プロゴルファーや、長時間にわたる手術をする外科医の中には、バナナを補給する人が多いようです。
朝食を取る時間がないときでも、バナナを1本食べ、相性の良い牛乳を飲むことで朝のダルさなどが、かなり克服できますよ。


■便秘解消
バナナは食物繊維がたっぷりなことで有名なショウガの仲間なのです。
食物繊維のペクチンとオリゴ糖も含まれ、これらは便秘の改善など整腸作用に働いてくれます。
バナナのすじは食物繊維ですので、一緒に食べるといいですよ。


■ダイエット効果
バナナ1本当たりのカロリーは、ご飯では約半杯分なので、思ったより低カロリーです。
牛乳と一緒に食べることで、整腸作用に加え、腸内の余分な老廃物が体の外に出やすくなるので、ダイエット効果が期待できます。
ただし、バナナは完全食ではありませんので、バナナだけのダイエットには気をつけて下さいね。

posted by 食いしん坊 at | バナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バナナは快適な睡眠と気持ちよい朝に


朝に気持ちが落ち込んだり、寝起きが悪くキレやすい人は、セロトニンが足りないことがあります。
セロトニンが不足してくると感情を抑えることが困難になるので、うつ病になったり、学ぶ能力が低下してくるなどの症状が起こります。

バナナの木.jpg

そんな時はバナナを食べてみましょう。
バナナにはセロトニンを増やす成分が多く入っています。
癒しのホルモン とも呼ばれるセロトニンは、心を安定する働きがあるのです。
セロトニンによって脳が活性化してスッキリの状態が持続するため、前向きな気分になれて気持ちも落ち着いて過ごせます。
セロトニンは脳内で神経細胞に命令を出す神経伝達物質で、ドーパミン・ノルアドレナリンなどが有名だけどセロトニンも同じ仲間なのです。

バナナと牛乳には、セロトニンの原料であるトリプトファンが多く含まれています。
さらに、バナナにはセロトニンを作る時に必要なビタミンB6や、脳の栄養源であるブドウ糖も豊富です。
生活が不規則な人の不眠の原因は、ストレスや疲れが溜まっているから寝ようと思っても神経が高ぶったままでなかなか寝付けなかったりします。
夜になって暗くなると、セロトニンからメラトニンが作られます。
メラトニンは、睡眠ホルモンとも言われていて、自然な眠りに導いてくれます。
セロトニンが十分ないと、メラトニンが不足してしまい、快適な睡眠がとれません。
夜の快眠のためには、日中にせっせとセロトニンを作っておく必要があるのです。

バナナ牛乳の作り方は簡単で、ミキサーに牛乳入れて、バナナを1本入れてミックスします。
これにヨーグルトを加えると、さらにおいしさアップします。
バナナで十分な甘さがあるのでお砂糖などを加える必要はありません。

【関連情報】
バナナは免疫力を高める果物です
バナナには、スタミナの維持や免疫力アップなどのうれしい効果が期待できます。
昔は高級だったバナナは、特別な日にしか食べることができなかったのですが、今では値段も手ごろで、すっかり庶民の味となりました。
1日1本バナナを食べれば、白血球が増え、やがて免疫力がアップしていくのです。
病気の予防にはもちろん、病み上がりの時など、ウイルスに対する抵抗力が十分でない時にはバナナを食べて外敵に対する免疫力をつけましょう。

posted by 食いしん坊 at | バナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク