スポンサーリンク

ピーナッツの薄皮に凄い健康効果


ピーナッツは栄養価の高い成分を数多く含まれ、現代人の健康問題を解決する機能性食品といえます。ピーナッツの薄皮.jpg

ピーナッツ(落花生)の成分は脂肪、タンパク質、糖質、食物繊維などです。

そのうち約50%が脂肪であるため、ピーナッツは太るというイメージを作っているようですが、カロリー的には1日30粒程度なら適量と言われています。

この脂肪は、オリーブ油に含まれていることで知られているオレイン酸で、悪玉コレステロール値を低下させる働きがあります。

最近の研究では、ピーナッツの薄皮にはワインでおなじみのポリフェノールの一種「レスベラトロール」が含まれており、抗酸化作用があると言われます。(落花生の皮


レスベラトロールは抗酸化作用のほか、生活習慣病予防、アンチエイジング効果や美容効果などで注目されている栄養素です。

血液中の活性酸素はDNAや欠陥の壁を傷つけガンの原因となります。

レスベラトロールはこの活性酸素に効果があり、落花生の薄皮は他の食品と比べても高い数値を示しています。

さらに悪玉コレステロールを攻撃しガンや生活習慣病の予防に落花生が効果を発揮していると言われています。

さらに赤い薄皮は、皮膚に斑状の出血がおこる「紫斑病(しはんびょう)」の改善に効果があるとされています。

ピーナッツの薄皮(皮付きピーナッツ)は食べにくいと敬遠されがちですが・・・・・

ピーナッツの薄皮は栄養価にすぐれ、免疫力を高める健康食品!

ピーナッツ料理には、薄皮(ピーナッツ 皮)がついたほうが効果が得られるようです。
(うす皮付きピーナッツはスーパーなどで手軽に購入できます)



posted by 食いしん坊 at | ピーナッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする