スポンサーリンク

ヨーグルトは免疫力アップに欠かせない


冬の時期になると、インフルエンザや風邪などが猛威をふるっています。
その感染を防ぐ方法として“免疫力を高める”ことが重要になります。 
免疫力を高めるためのNK細胞などの免疫細胞の約70%は「腸」に存在します。
つまり腸内環境を整えることは、NK細胞活性化で免疫力アップにつながるのです。

ヨーグルトはNK細胞の活性化に欠かせない

腸内環境を整える食品として代表的な「ヨーグルト」が有名ですね。
善玉菌の乳酸菌やビフィズス菌を含むヨーグルトで、善玉菌優位になります。

効果的な摂取方法は、以下のようなことにも心がけるとよいでしょう。
  1. 胃酸による菌へのダメージを避けるため、胃酸が薄まる食後がいいです
  2. 菌のエサとなり、その働きを助けるオリゴ糖と一緒に食べると効果的です
  3. 毎日、続けて食べることで効果が持続します
  4. 購入後、菌が元気なうちにできるだけ早めに食べるのが理想的です
山形県舟形町と佐賀県有田町で59〜85歳の住民計142人に、R-1乳酸菌を含むヨーグルトを1日90グラム、8〜12週間食べてもらい、食べない群と比べた。
その結果、R-1ヨーグルトを食べた群は食べる前より風邪をひくリスクが低下したことが分かった。

posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分にあったヨーグルトの見つけ方


毎日ヨーグルトを食べるのであれば、自分に合ったものを食べたいものですよね。ヨーグルト免疫力.jpg
ヨーグルトの成分には自分に合うものと合わないものがあることをご存知でしょうか?
免疫力を高めるヨーグルト、何でもかんでも摂取すれば体に良いわけではありません。
例えばビフィズス菌は、腸内を酸性化し、悪玉菌を抑制して免疫力アップが期待できます。

あなたにあったヨーグルトの見つけ方

スーパーで買っているヨーグルトですが、なんと7,500種類以上もあることをご存知でしたか?
ヨーグルトに含まれる菌は多数ありますが、人により腸に存在する菌はそれぞれ違うのです。
だから、数多くある菌から自分にあったものを摂取しないと、あまり意味がありません。
まず、同じ種類のヨーグルトを1日100g(1個)、2週間〜1ヶ月食べ続けます。
食べ続けると2週間くらいから、自分にあったものが判ってくるみたいです。
疲れにくくなる、睡眠がよくなる、肌が潤ってくると、自分に合ったと判断できます。
自分が期待する効果を得るために、ヨーグルトの種類と効能の違いを知っておきましょう。



posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフルエンザ予防に夜ヨーグルト


毎年冬になると風邪を引いてしまうという人は、“免疫力が弱い”かもしれないですね。夜ヨーグルト.jpg
また、冬に大流行するインフルエンザが流行り始めてます。

NHK『あさイチ』の番組で乳酸菌のインフルエンザ予防効果が広く知られるようになりました。

体の免疫力を高めて、インフルエンザにかかりにくい体づくりを心掛けたいですね。

ヨーグルトの免疫力アップ効果

免疫力のカギとなるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)は腸に存在しています。
NK細胞は自然治癒力や免疫力を高めてくれているのです。
NK細胞など免疫細胞の活性化させる作用がヨーグルトにあることが分かっています。

私たち人間の体内では1日1兆個の細胞が生み出されます。
そのうち悪性の細胞は健康体でも毎日5000個くらいが生み出されています。
しかし、NK細胞は日々生まれるこの悪性の細胞を撃退します。
またインフルエンザや風邪菌といった外部から侵入したウィルスに感染した細胞も撃退する役割をもちます。
そのため、NK細胞によって私たち人間の体は、病気にならず健康を維持できるのです。

明らかになった乳酸菌の驚きの効果

佐賀県有田市の小中学生1900人にR-1乳酸菌ヨーグルトを半年間飲み続けてもらいました。
するとインフルエンザ罹患率が佐賀県全体の小中学生の100分の1低下したというのです。
乳酸菌にはR-1、L-92、LB81、ラクトバチルス、シロタ株など、たくさんの種類があります。
乳酸菌自体に腸内環境を整える作用に加え、免疫機能のバランスを整える作用があります。
どの種類の乳酸菌が最も効果的というよりは自分に合った乳酸菌を選ぶことが重要です。
いろいろな乳酸菌を試してみて、自分の体にしっくりくる乳酸菌を見つけましょう。

ヨーグルトの食べ方にポイント

ヨーグルトは腸の働きが活発になる“夜”に食べる“夜ヨーグルト”がおすすめです。
それは腸のゴールデンタイムは22時から夜中2時と言われているためです。
摂取量の目安は、ある研究結果でヨーグルト1日100〜150g程度と言われています。
胃酸の分泌が弱くなる満腹時、つまり食後に食べることが有効的なようです。

夜ヨーグルト関連情報

有胞子性乳酸菌は胞子のような殻のようなもので菌体が守られています。
この殻によって熱や酸などの悪影響に耐え生きたまま腸に届いて腸内環境を良くしてくれます。


posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

免疫力アップには食後のヨーグルト


風邪やインフルエンザが広がる原因となる場所は“電車内”だと言われています。ヨーグルト免疫力.jpg
密閉された電車内に長時間ウイルス保菌者と乗ることになるからです。


ウイルスに接しても、感染する人としない人がいますが、その違いは“免疫力”です。
ヨーグルトは免疫力を高める食べ物として美容と健康に幅広い効果が期待できます。
ヨーグルトを食べるタイミングは “いつでも良い” のではないのです。

免疫力アップには食後にヨーグルトを食べる

免疫力アップのためには、「生きた乳酸菌を腸まで届ける」ことが良いと考えます。
乳酸菌は胃酸に弱く、大半は胃で死んでしまうと言われています。
食後は胃酸が薄まっているため、乳酸菌を死滅させずに腸に届ける事ができます。
腸に生きて届いた乳酸菌は免疫をつかさどる「NK細胞」を活性化させます。
ヨーグルトは腸の働きが活発になる“夜”に食べる“夜ヨーグルト”がおすすめです。

ヨーグルトが免疫力を高めるわけ

ヨーグルトには、ビフィズス菌やブルガリア菌など乳酸菌がたっぷり含まれています。
これら善玉菌は腸内環境を整え、免疫力を高める上で、なくてはならない存在です。
ヨーグルトを食べる頻度は、善玉菌は排泄されるので毎日食べるのが良いでしょう。
食べる量は、個人の体質にもよりますが、1日に100g程度が推奨されています。

相乗効果のある食べ物とは

腸で乳酸菌の働きを助ける作用がある「オリゴ糖」です。
オリゴ糖は腸内でビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌を増やす働きがあります。
バナナやリンゴにはオリゴ糖が豊富に含まれています。
どちらもヨーグルトにとても良く合うフルーツですね。
ヨーグルトに入れると、オリゴ糖も食物繊維も摂取でき相乗効果が期待できます。
オリゴ糖で腸内のビフィズス菌が増えれば、さらに免疫力アップにつながります。

乳酸菌の関連情報

免疫力・腸内環境が気になる方、高品質の乳酸菌を求めている方
桁違いの乳酸菌数が含まれたサプリメントです。

R-1乳酸菌を含むヨーグルトを食べると、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化して、免疫力をアップさせることが話題になっています。

posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腸内フローラは健康寿命に大きく関係


いつまでも健康で長生きすることは誰しもの願いです。ヨーグルト乳酸菌.jpg
TV番組みんなの家庭の医学では、最近話題の「腸内フローラ」について放送されました。
近年の研究で、腸内フローラが健康寿命に大きく関係することが分かってきたのです。

腸内フローラとは

私たちの腸内にはたくさんの細菌(腸内細菌)がすみついています。
その数は100種類以上、個数は約100兆個とも言われています。
特に小腸の終わりから大腸にかけては、びっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。
この様相は、まるで植物が集団を作って、お花畑のようから「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌があり、体にプラスに働くかマイナスに働くかで決まってきます。
もうひとつ中間的な日和見菌という善玉と悪玉の優勢な方に味方する菌に分けられます。
腸内細菌の理想的な割合は、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%といわれています。

しかし、疲労やストレス、睡眠不足で腸内細菌のバランスが崩れてしまいます。
悪玉菌が増えると健康や肌荒れ、美容などにも悪影響を及ぼすことが明らかになっています。
最新の研究で肥満や糖尿病などの生活習慣病と深く関連していることが解明されてきました。

腸内フローラで腸内環境を整えることは健康長寿の基本となります。
免疫力アップ、美肌効果、ダイエット効果など身体に関する様々なことに関与しています。

腸内フローラを整えてくれる食べ物

腸内フローラの環境を改善したい場合、食材のポイントは3つあります。
1つの食材に偏らずに日常生活の食事にうまく取り入れることが効果的なのです。
  1. 発酵食品⇒腸内に元々棲む善玉菌を活性化する働き(ヨーグルト・納豆・味噌・漬物)
  2. 食物繊維⇒善玉菌のエサとなり腸内の善玉菌を増やす働きをします(野菜・海藻類)
  3. オリゴ糖⇒胃や小腸で吸収されず大腸まで達してビフィズス菌のエサ(バナナ・大豆)

お通じの状態で腸内フローラ簡単チェック

  1. 3日以上お通じがないことがある
  2. お通じの時間はバラバラ
  3. お通じに3分以上かかる
  4. 軟らかい便がよく出る
1つでも当てはまる方は要注意。
(4つすべて当てはまる方は、腸内フローラのバランスが大きく崩れている可能性大)

ヨーグルト関連情報

ヨーグルトが苦手な人や、忙しくて食べる時間がない人は、サプリメントも良いでしょう。
こちらの乳酸菌サプリは必要な乳酸菌がバランスよく入っているのでオススメです。

posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腸内環境を整える代表格ヨーグルト


腸は「第二の脳」と呼ばれ、考える器官なのです。
ヨーグルト.jpg腸の中に入ってくるものには、身体にとって良いものも悪いものもあります。
腸は、何が体に良くて何が悪いのかを記憶することができます。

子供の頃、テスト前にお腹が痛くなるという経験をした人は多いと思います。
精神的なものと腸には密接な関係があるということが言えます。 
このことから、生活習慣やストレスなどが腸内環境に大きく影響を与えます。
逆に、腸内環境が全身の健康に影響を与えるということになりますね。

話題の腸内フローラとは、100種類以上の腸内細菌が壁面を作って生息している状態です。
まるで植物が種類ごとに集団で群れている花畑の様子から腸内フローラと呼ばれています。
腸内環境を整えるには、腸内フローラで腸内細菌のバランスを善玉菌優勢に保つことが必要。

腸に良いと言われる食べ物の代表格といえば、まず「ヨーグルト」です!

ヨーグルトに配合される乳酸菌は胃酸に弱いので、生きたまま腸内に届けることが課題でした。
それをクリアしたヨーグルトは、プロバイオティクスと呼ばれる機能性ヨーグルトです。
機能性ヨーグルトなら、ビフィズス菌を生きたまま腸内まで届ける技術が開発されています。



【関連情報】

フジッコのカスピ海ヨーグルトの人気の秘密。
1.酸味が少なく食べやすい
2.室温で発行するから楽しい
3.独特の粘りでスッキリ実感。

posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフルエンザ対策に注目のプラズマ乳酸菌


鼻をかむ女性.jpg冬の時期に迷惑をかけるインフルエンザの流行が本格化してきました。
今年、新型の“ノロウイルス”が現れ、患者が急増してます。
激しい嘔吐と下痢を伴うノロウイルス感染は、この20年で100倍に急増しているようです。

外出後の手洗い・うがいは、インフルエンザ予防の基本ですね。
外出時のマスク着用も忘れずに。

もし、ウイルスなどの外敵が侵入してしまった場合でも、
しっかり撃退する「免疫細胞」の働きを高めることが大切。

最近では感染予防に“食の力”が注目され、ヨーグルトなどの食品に含まれる乳酸菌が役立つことが発表されています。


飲料大手のキリングループでは、免疫細胞を活性化させて免疫力アップにつながる乳酸菌を発見しました。
それは「プラズマ乳酸菌(JCM5805株)」と名付けています。

プラズマ乳酸菌.JPGキリンR&D本部の藤原大介主任研究員の話では・・・・・

「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)が自らの細胞の内部にプラズマ乳酸菌を取り込むと、ウイルス増殖を抑える物質を放出することが分かっています。

この物質が引き金となって他の免疫細胞も一斉に臨戦態勢を整え、これまでとは違った高い予防効果が期待できるのではないかと考えられます」とのことです。


この写真は、私が愛用しているプラズマ乳酸菌飲料、「まもるチカラの乳酸菌」です。
免疫力を高めてウイルスの感染を防いだり、感染時の症状を軽くすると言われています。


インフルエンザウイルスは増殖スピードが速いため、症状が急速に進行

したがって、具合が悪くなったら、風邪だと軽く考えずに、早めに医療機関を受診しましょう。
インフルエンザは発症後すぐに適切な治療を開始することがとても重要です。
posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塩ヨーグルトを料理に使って免疫力アップ


ヨーグルト.jpg乳酸菌パワーで免疫力アップが期待される塩ヨーグルトが今ブームとなっています。

塩ヨーグルトとは、その名の通り無糖ヨーグルトに塩を加えるだけで簡単に作れる手軽さが魅力になっています。

ヨーグルトの乳酸菌の力を、塩によってさらにパワーアップさせる効果だあります。

ヨーグルトだけを食べ続けるのは難しい人には、塩ヨーグルトを調味料として様々な料理に使えば、自然にヨーグルトを食べることになります。


<<塩ヨーグルトの提唱者である佐藤わか子さん>>

トルコやブルガリア料理に知識が深い方で、これらの国では料理にヨーグルトを用いています。

塩ヨーグルトを使った料理は、ヨーグルトの風味を感じさせず、自然に食べられ、しかもヨーグルトの健康効果も得られるという効果的な料理です。
美味しく食べて健康的な食生活を送りたい方には、欠かせない食材となることでしょう。

普通にヨーグルトなどの発酵食品を食べるだけでも腸内での善玉菌を増やす効果があります。

さらに塩が乳酸菌のはたらきを活発となるため、より健康効果が強くなることが期待できます。

腸内環境(腸内フローラ)が改善されることで便秘が解消され、美肌効果や免疫力を高める効果が得られます。

また、ヨーグルトは450gあたり200円程度で買うことができ、とても経済的です。


塩ヨーグルトのつくり方

基本のつくり方は簡単で、無糖プレーンヨーグルト100グラムに対して、塩小さじ1杯を加えて混ぜるだけです。

<塩ヨーグルトのきゅうり漬け>
きゅうり2本に対し、約100g程度の塩ヨーグルト床を食品用保存袋に切った「きゅうり」と共に入れます。
空気を抜いて冷蔵庫で、1日〜2日漬けたら食べごろです。
posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

R-1ヨーグルトの乳酸菌パワーで免疫力アップ


r-1ヨーグルト.jpgR1乳酸菌を使用したヨーグルトを食べると、免疫力を高めてくれることが分かっています。

大々的な実験が行われ話題になった、
R1ヨーグルト乳酸菌パワーが今でも注目されています。

1073R-1菌.jpg

「R1」の正式名称は、Lactobacillus bulgaricus(ラクトバシラスブルガリクス)OLL1073R-1株。
OLL1073R-1株はヨーグルトを作るために使用されるブルガリア菌の一種で、ブルガリア菌の中でも免疫力を高める作用をもつEPS(多糖体)を多く産生する特性があります。

EPSとは乳酸菌などが菌体外に作り出す多糖体で、生体に対して免疫機能を活性化することが分かっています。

このため、1073R-1乳酸菌を摂取すると、免疫力が高まり風邪をひきにくくなること、インフルエンザウイルスに対して感染防御効果が研究結果で発表されています。
これは、1073R-1乳酸菌を使ったヨーグルトを食べると、免疫力が上がり、NK細胞が活性化するのです。

私たちの体内では1日1兆個の細胞が生み出され、そのうち悪性細胞は健康体でも毎日5000個くらいが生み出されています。
しかし、NK細胞は日々生まれるこの悪性細胞を撃退し、またインフルエンザや風邪菌といった外部から侵入したウイルスに感染した細胞も撃退する役割をもっています。

NK細胞によって私たちの身体は、病気にならずに健康維持できるのです。
風邪を引きやすい人、不規則な睡眠時間などにより生活リズムを崩しやすい人、精神的・肉体的に日々大きなストレスを抱える人は、NK細胞の活性が低い傾向にあります。

NK細胞の活性が低い体は、体内に生まれた悪性細胞を攻撃する力が弱くなり、結果的に風邪や病気になりやすくなったりします。
免疫力アップのために、R1乳酸菌を含んだR1ヨーグルトを食べることをオススメします。
posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨーグルトで腸内環境を整え免疫力アップ


r-1ヨーグルト.jpg腸内の乳酸菌を増やすために効果的な食品がヨーグルトなんです。

牛乳または脱脂粉乳に乳酸菌を加えて発酵させたものがヨーグルトで、カルシウムは牛乳より多く含まれています。

腸の中には100兆以上の微生物・細菌が毎日、体のために働いています。
善玉菌の代表といわれる乳酸菌は、腸内に侵入した異物やウイルスを取り除いたり、悪玉菌の増殖を抑えて、腸内の腐敗や有害物質の発生を抑えようと毎日、悪い細菌と戦っています。

乳酸菌には、ビフィズス菌を増やして腸内環境を整え、悪玉菌の繁殖を抑えて腸の免疫力を高めてくれます。

腸内環境が良くなると便秘や下痢の改善、各種ガン予防、高血圧や肝臓障害の軽減など、さまざまな作用があります。

また、乳酸菌には肝臓で作られ十二指腸から分泌される胆汁酸を分解する働きもあります。
胆汁酸が分解されると、肝臓では新しい胆汁酸を作るための原料となるコレステロールが消費されることになります。
結果的に、コレステロールを下げる作用もあり、高コレステロールの方に役立ちます。

牛乳が苦手でもヨーグルトは食べられる人が多いのは、ヨーグルトに含まれている乳酸菌のおかげです。
牛乳が苦手な人の理由に、お腹がゴロゴロいってしまうというのがあります。
これは牛乳に含まれている乳糖が原因なのですが、乳酸菌によって分解されるので大丈夫になることもあります。

 
ヨーグルトダイエット
ヨーグルトダイエットの効果はなんといっても乳酸菌の力で腸内環境(腸内フローラ)を整える力を持っていて、健康維持にも効果的なのです。
体にも優しいやり方のヨーグルトダイエットは、同じものを食べ続けるダイエットの中では比較的アレンジもしやすい方法です。
 


▼乳酸菌ヨーグルトの健康効果に関する人気のある記事です▼

 
R-1乳酸菌を含むヨーグルトで風邪予防
R-1乳酸菌を含むヨーグルトを食べると、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化して、免疫力をアップさせることが話題になっています。
R-1乳酸菌は、ヨーグルトを作るために使用されるブルガリア菌のひとつで、多糖体を多く産生することやNK細胞の活性を高めることが特徴です。
posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

R-1乳酸菌を使ったヨーグルトで免疫力アップ


R-1乳酸菌を含むヨーグルトを食べると、NK細胞を活性化して免疫力をアップさせることが話題になっています。
このNK細胞の手助けをするといわれているのが、R-1乳酸菌で、ここ最近注目されている乳酸菌なのです。

R-1乳酸菌は、ヨーグルトを作るために使用されるブルガリア菌のひとつで、多糖体を多く産生することや、NK細胞の活性を高めることが特徴です。

順天堂大学医学部特任教授(免疫学)の奥村 康氏と、有田共立病院(佐賀県有田町)院長の井上 文夫氏は、健康維持における免疫力とNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の重要性と、その研究結果に関するメディア向け説明会が都内で開催されました。

私たち人間の体内では1日1兆個の細胞が生み出され、そのうち悪性細胞は健康体でも毎日5000個くらいが生み出されています。

しかし、NK細胞は日々生まれるこの悪性細胞を撃退し、またインフルエンザや風邪菌といった外部から侵入したウィルスに感染した細胞も撃退する役割をもつため、NK細胞によって私たち人間の身体は、病気にならずに健康を維持できるのです。

不規則な睡眠時間などにより生活リズムを崩しやすい人、精神的・肉体的に日々大きなストレスを抱える人、風邪を引きやすい人、そして高齢者などは、NK細胞の活性が低い傾向にあります。

NK細胞の活性が低い体は、体内で生まれた悪性細胞を攻撃する力が弱くなり、結果的に風邪や病気になりやすくなります。

免疫力アップのために、R-1乳酸菌を含んだヨーグルトをオススメします♪
このR-1乳酸菌を含むヨーグルトを調べているうちに、実は近所のスーパーの店頭で、明治乳業から発売されているのを見ました。
posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク