インフルエンザを防ぐ小松菜パワー

冬が旬の「小松菜」を食べて、風邪やインフルエンザに負けない体を作りましょう。小松菜.png
ほうれん草に似た小松菜ですが、カルシウムは約3倍もあるようです。

カルシウムが豊富で、骨の結成に必要なビタミンKも含まれています。
そのため、骨を丈夫に保つので骨粗鬆症の予防にも期待が持てます。

また、豊富に含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変換されます。
体の粘膜を保護しウイルスの侵入を防ぐ働きがあることで知られています。

免疫力を高めて風邪などの感染症予防に効果が期待できるようです。
小松菜の上手な食べ方は、油と一緒に摂るとβカロテンの吸収率が高まります。

インフルエンザの流行が全国的に警戒レベルに達しました。
予防のためには、十分な睡眠と小松菜で免疫力アップしましょう。

スポンサーリンク

関連情報
九州の顔が見える生産者から直接お届けします。
一貫した農業生産加工販売の取り組みとして国の認定を受け、
品質基準の厳しい生協さんへ納品している九州のにんにく農家は松尾農園だけです。

この記事へのコメント

スポンサーリンク