スポンサーリンク

中国野菜のチンゲン菜で免疫機能アップ


日本でチンゲン菜(青梗菜)は、中国野菜の中で一番なじみのある野菜の一つですね。チンゲン菜.jpg
チンゲン菜には、様々な栄養素が含まれています。
例えば『β-カロテン』は、体内で必要な分をビタミンAに変換します。
ビタミンAは体の粘膜や皮膚、免疫機能を正常に保つために必要です。

このため、ウイルスが侵入しても、入り口の粘膜で撃退できる可能性が高くなります。
結果として免疫力アップにつながります。
また、ビタミンCには、白血球などの免疫細胞を活性化させるはたらきがあります。
チンゲン菜のβ-カロテンの量は、ピーマンの6倍とも言われています。

調理のポイント

チンゲン菜はアクが少ないので、下ゆでの必要がありません。
油と一緒に調理するとでビタミンやミネラルの吸収率がアップします。
炒めるときは、高温でサッと短時間で仕上げましょう。

関連情報

かぼちゃはβ-カロチンが豊富で、ビタミンやミネラルがバランスよく含んだ野菜です。
緑黄色野菜の王様とも呼ばれるほど栄養価が高い食べ物なのです。


スポンサーリンク


posted by 食いしん坊 at | チンゲン菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック