スポンサーリンク

夏の終わりに要注意!風邪予防に発酵食品


夏の終わりは、特に体調を崩しやすい時期といわれています。納豆.jpg
暑さも少しゆるんできた今頃、朝晩の気温差で風邪を引くリスクが高まります。
そこで、夏の終わりの風邪予防には、どのような食べ物が良いのでしょうか。

夏の終わりに風邪を予防する食べ物

風邪予防といえば、免疫力を高めることがとても大切です。
免疫力を高めるために発酵食品を摂りましょう。
特に、免疫力を高めるのに良いといわれているのが、納豆やヨーグルトなどの発酵食品です。
発酵食品に多く含まれる乳酸菌は、腸内で有害な菌が増えるのを抑えてくれます。
これにより、腸内フローラを整えてくれるため、免疫が活性化するといわれています。

関連情報

免疫力が高ければ、多少の菌やウイルスに対する防御力・抵抗力も高くなります。
また、症状を悪化させずに乗り切ることができるのです。
近年、免疫ビタミンと呼ばれる「LPS」の免疫力アップに注目されています。


スポンサーリンク


posted by 食いしん坊 at | 納豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441454845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク