スポンサーリンク

腸内フローラは健康寿命に大きく関係


いつまでも健康で長生きすることは誰しもの願いです。ヨーグルト乳酸菌.jpg
TV番組みんなの家庭の医学では、最近話題の「腸内フローラ」について放送されました。
近年の研究で、腸内フローラが健康寿命に大きく関係することが分かってきたのです。

腸内フローラとは

私たちの腸内にはたくさんの細菌(腸内細菌)がすみついています。
その数は100種類以上、個数は約100兆個とも言われています。
特に小腸の終わりから大腸にかけては、びっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。
この様相は、まるで植物が集団を作って、お花畑のようから「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌があり、体にプラスに働くかマイナスに働くかで決まってきます。
もうひとつ中間的な日和見菌という善玉と悪玉の優勢な方に味方する菌に分けられます。
腸内細菌の理想的な割合は、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%といわれています。

しかし、疲労やストレス、睡眠不足で腸内細菌のバランスが崩れてしまいます。
悪玉菌が増えると健康や肌荒れ、美容などにも悪影響を及ぼすことが明らかになっています。
最新の研究で肥満や糖尿病などの生活習慣病と深く関連していることが解明されてきました。

腸内フローラで腸内環境を整えることは健康長寿の基本となります。
免疫力アップ、美肌効果、ダイエット効果など身体に関する様々なことに関与しています。

腸内フローラを整えてくれる食べ物

腸内フローラの環境を改善したい場合、食材のポイントは3つあります。
1つの食材に偏らずに日常生活の食事にうまく取り入れることが効果的なのです。
  1. 発酵食品⇒腸内に元々棲む善玉菌を活性化する働き(ヨーグルト・納豆・味噌・漬物)
  2. 食物繊維⇒善玉菌のエサとなり腸内の善玉菌を増やす働きをします(野菜・海藻類)
  3. オリゴ糖⇒胃や小腸で吸収されず大腸まで達してビフィズス菌のエサ(バナナ・大豆)

お通じの状態で腸内フローラ簡単チェック

  1. 3日以上お通じがないことがある
  2. お通じの時間はバラバラ
  3. お通じに3分以上かかる
  4. 軟らかい便がよく出る
1つでも当てはまる方は要注意。
(4つすべて当てはまる方は、腸内フローラのバランスが大きく崩れている可能性大)

ヨーグルト関連情報

ヨーグルトが苦手な人や、忙しくて食べる時間がない人は、サプリメントも良いでしょう。
こちらの乳酸菌サプリは必要な乳酸菌がバランスよく入っているのでオススメです。


スポンサーリンク


posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク