夏バテ予防に菌活のススメ

最近になって『菌活』という言葉が話題になっているのはご存知ですか?きのこ.jpg
婚活や妊活など『○活』という呼び方が増えていますよね。

20代~40代女性の約7割が実践しているという菌活(きんかつ)のすごさについてご紹介します。

菌活とは、身体に良い菌を積極的に食生活に取り入れる活動のこと。

夏が近づいてくると、体調を崩したり、なんとなく元気がなくなったりします。
そこを乗り越えるためには腸内環境を整える『菌活』が注目されています。 

腸内環境を整えることで、免疫力アップ、ダイエット、美肌、夏バテ予防などに良い効果が表れるといわれています。

日本人は昔から菌を使った食品を食べたり飲んだりする習慣があります。
その伝統食の代表的なものは、しょうゆ・みそ・漬物・納豆・甘酒などですね。



きのこ類を食べることも菌活のひとつといえます。
しかも、キノコは「菌そのものだけを食べられる」という点で、とても魅力のある菌活の王様といえるでしょう。

ただし、菌活といっても、ただ多く摂ればいいというものでもないと言われます。
一度に大量の菌を食べても、腸内環境は急には改善しません。
腸内環境は、食事内容や運動不足、ストレスなどの影響を受けて変化します。
毎日、いろんな食品を摂って、長い目で『菌活』をしたいですね。


【関連情報】

日本人の約3人のうち1人が「癌(がん)」で亡くなっており、死因の第1位なのです。
今や、癌は国民病とも言われ、誰でも癌になる可能性があるのではないでしょうか。
がん以外にもアトピーやうつ病などの病気も、免疫力が低下した時に起こるといわれています。
このような病気にならないためには、日ごろの免疫力を高めることが大事になってきます。

200種類もの果実やハーブを使用しています。
ダイエットに必要な酵素や酵母、乳酸菌はもちろん、美容には欠かせないアミノ酸やポリフェノール、ビタミン、ミネラルなども豊富に含んでいます。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク