スポンサーリンク

腸内環境を整える代表格ヨーグルト


腸は「第二の脳」と呼ばれ、考える器官なのです。
ヨーグルト.jpg腸の中に入ってくるものには、身体にとって良いものも悪いものもあります。
腸は、何が体に良くて何が悪いのかを記憶することができます。

子供の頃、テスト前にお腹が痛くなるという経験をした人は多いと思います。
精神的なものと腸には密接な関係があるということが言えます。 
このことから、生活習慣やストレスなどが腸内環境に大きく影響を与えます。
逆に、腸内環境が全身の健康に影響を与えるということになりますね。

話題の腸内フローラとは、100種類以上の腸内細菌が壁面を作って生息している状態です。
まるで植物が種類ごとに集団で群れている花畑の様子から腸内フローラと呼ばれています。
腸内環境を整えるには、腸内フローラで腸内細菌のバランスを善玉菌優勢に保つことが必要。

腸に良いと言われる食べ物の代表格といえば、まず「ヨーグルト」です!

ヨーグルトに配合される乳酸菌は胃酸に弱いので、生きたまま腸内に届けることが課題でした。
それをクリアしたヨーグルトは、プロバイオティクスと呼ばれる機能性ヨーグルトです。
機能性ヨーグルトなら、ビフィズス菌を生きたまま腸内まで届ける技術が開発されています。



【関連情報】

フジッコのカスピ海ヨーグルトの人気の秘密。
1.酸味が少なく食べやすい
2.室温で発行するから楽しい
3.独特の粘りでスッキリ実感。


スポンサーリンク


posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク