もち麦のβグルカンで自然免疫アップ

さまざまな不調や病気の隠れた部分には、免疫力の低下が潜んでいるといっても過言ではありません。
全身のあらゆるところで不調の芽と闘う免疫を「自然免疫」と言われています。
大麦.jpg


東京薬科大学の大野教授は、「自然免疫が上がれば、カゼはもちろん、各種の感染症やアレルギーもコントロールでき、癌(がん)予防にもつながる」と話されています。


同教授は大麦の「βグルカン」が腸管を刺激して、多様な免疫細胞が活性化することを試験管試験や動物試験で確かめています。
「もち麦」に含まれているβグルカンは、免疫力を高めたり、病気に対抗する抵抗力を高める手助けをします。


こうした自然免疫を高める食品成分として注目したいのが、水溶性食物繊維のβグルカンなのです。

スポンサーリンク

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク