栄養豊富な完熟トマトで生活習慣病を予防

木で熟したトマトを食べると、トマトの美味しさを改めて気付きます。

青臭さも残りませんし、ジューシーな味わいがあります。


熟成トマト.jpg完熟トマトとは、木になったまま熟した赤いトマトを収穫するのです。

普段食べているトマトは、産地から長距離輸送で店先に並べられます。


そのため、トマトが赤く色づき始めた熟していない段階で収穫して荷造りをすることになります。


トマトが赤くなると医者が青くなる といわれるほどの健康野菜で有名です。

医者要らずといわれるくらい完熟トマトは栄養豊富なのです。

トマトが赤いのは、β-カロチンとリコピンというカロテノイドが含まれているためです。

最近の研究では、リコピンはガンなどの原因になる活性酸素を減らす働きがあることがわかってきています。

活性酸素の働きを抑えることで、生活習慣病全般を予防する効果があります。

また、トマトにはビタミンCが多く含まれ、1個食べると1日の所要量の約半分が摂れます。


トマト習慣.jpgビタミンCは粘膜や皮膚を強くし、免疫力を高めますので、口内炎ができやすい人は毎日食べる習慣をつけるとよいでしょう。

赤色の濃いトマトは、リコピンが多く含まれるので、真っ赤なのを選んでください。
スポンサーリンク

トマトに肥満防止効果発見?トマトの健康効果
トマトの”赤色”はリコピンという色素によるもので、活性酸素を除去し、生活習慣病から守ってくれる働きがあります。
これは、免疫細胞のパワーを低下させる活性酸素を体内で攻撃し、体の酸化を防いで、健康な免疫細胞を守ってくれる強い味方なのです。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク