スポンサーリンク

R-1ヨーグルトの乳酸菌パワーで免疫力アップ


r-1ヨーグルト.jpgR1乳酸菌を使用したヨーグルトを食べると、免疫力を高めてくれることが分かっています。

大々的な実験が行われ話題になった、
R1ヨーグルト乳酸菌パワーが今でも注目されています。

1073R-1菌.jpg

「R1」の正式名称は、Lactobacillus bulgaricus(ラクトバシラスブルガリクス)OLL1073R-1株。
OLL1073R-1株はヨーグルトを作るために使用されるブルガリア菌の一種で、ブルガリア菌の中でも免疫力を高める作用をもつEPS(多糖体)を多く産生する特性があります。

EPSとは乳酸菌などが菌体外に作り出す多糖体で、生体に対して免疫機能を活性化することが分かっています。

このため、1073R-1乳酸菌を摂取すると、免疫力が高まり風邪をひきにくくなること、インフルエンザウイルスに対して感染防御効果が研究結果で発表されています。
これは、1073R-1乳酸菌を使ったヨーグルトを食べると、免疫力が上がり、NK細胞が活性化するのです。

私たちの体内では1日1兆個の細胞が生み出され、そのうち悪性細胞は健康体でも毎日5000個くらいが生み出されています。
しかし、NK細胞は日々生まれるこの悪性細胞を撃退し、またインフルエンザや風邪菌といった外部から侵入したウイルスに感染した細胞も撃退する役割をもっています。

NK細胞によって私たちの身体は、病気にならずに健康維持できるのです。
風邪を引きやすい人、不規則な睡眠時間などにより生活リズムを崩しやすい人、精神的・肉体的に日々大きなストレスを抱える人は、NK細胞の活性が低い傾向にあります。

NK細胞の活性が低い体は、体内に生まれた悪性細胞を攻撃する力が弱くなり、結果的に風邪や病気になりやすくなったりします。
免疫力アップのために、R1乳酸菌を含んだR1ヨーグルトを食べることをオススメします。


スポンサーリンク


posted by 食いしん坊 at | ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/311796951
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク