豆乳は大豆の健康パワーを秘めています

豆乳は畑の肉 といわれる栄養成分が凝縮されている大豆の栄養を、最も吸収がよい形に変えた素晴らしい健康食品です。



豆乳.jpgそのため、健康な人はもちろん、病人、老人、離乳食にも適しています。


消化の悪い大豆を、すりつぶして絞って、豆腐に固まる一歩手前の液体が豆乳です。



豆乳は消化の悪い繊維質を除いたものですから、消化吸収が良いのです。


三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質のうち、豆乳は良質な夕ンパク質と脂質に富んでいます。


豆乳はコレステロールがなく、良質な「植物性夕ンパク質」をたっぷり含んでいます。


又、豆乳は免疫力を高め、生活習慣病予防や骨粗鬆症の予防、ダイエットや美肌効果、便秘解消など大きなパワーを秘めています。


豆乳に含まれる大豆タンパクやサポニン、大豆に含まれるフィチン酸などには、細胞がガン化するのを防ぐ働きがあることが、近年の研究により分かっています。



そのほか、豆乳は脳の活性化、ボケ防止、記憶力アップなど脳の老化防止予防にも役に立つのです。


あなたも毎日一杯の豆乳生活を初めてみませんか?

スポンサーリンク


▼まだまだある大豆の力▼


昔から”発酵”の力には、その食材の持つパワーを増加させ、新しいパワーを作り出す特性があるといわれています。

ニチモウは古くから引き継がれた発酵技術に習い、「麹菌」による発酵技術を開発、日米欧で特許を取得しました。

この特許技術によって、からだにすみやかに吸収される「アグリコン型イソフラボン」が生まれました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク