スポンサーリンク

酢生姜は健康増進のため常備すべし


テレビでも話題のスーパー調味料“酢しょうが”って知っていますか? 
体を中から温め、血液サラサラ効果や免疫力アップが期待できると話題になっています。
TBSテレビ系「サタデープラス」で小堺一機さんが10日間「酢しょうが」生活が紹介されました。



酢生姜(酢しょうが)の効果

お酢(黒酢)はアミノ酸やクエン酸が豊富に含まれています。
免疫力アップや血行促進、体脂肪燃焼、疲労回復効果などが期待される健康食品なのです。
生姜にも末梢血管を拡張させ、体を芯から温める効果や免疫力アップ効果などがあります。
これらが組み合わさるのですから、体にとってさらに健康効果が期待できます。

酢生姜の作り方

【材料】

生姜…100g
酢 …100cc
はちみつ… 20g

(酢は米酢、黒酢、リンゴ酢などお好みの酢でOK) 

【作り方】

生姜を丁寧に水洗いし、皮ごと1mm幅程度にスライスして保存ビンに入れます。
生姜がヒタヒタに浸かるまで酢を加えます。
最後に、はちみつを入れて混ぜて冷蔵庫で一晩寝かせれば完成です。
一晩漬けると生姜の辛みが和らいで酢もまろやかになるそうです。
冷蔵庫で2〜3週間は日持ちします。
1日に食べる目安は生姜20gと生姜を漬けていた酢を大さじ2杯程度です。
この量を数回に分けて食べるとより健康増進に効果的です。

効果的な生姜の使い方

@風邪予防や胃腸を元気にしたい場合は、生の生姜でジンゲロールが摂れる方法で作ります。
A体を芯から温めて冷え症を改善したい場合は、ショウガオールが摂れる方法で作ります。
     (スライスした生姜を2〜3日天日干しにすれば、ショウガオールになります)

関連情報

posted by 食いしん坊 at | 生姜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク